貸切バスは利用マナーを守りましょう

貸切バスの中でお酒を飲み過ぎることは、周りにも迷惑をかけますし、健康面でも良くありません。普通に乗っていても、気分が悪くなる人がいるバス内で、酔いやすくなります。飲み過ぎて嘔吐でもしようなら、車内は異様な臭いに包まれてしまいます。すぐに掃除をしたくてもできません。そうなると、バスを停めて掃除をすることにもなり、同乗者の方々に多大な迷惑を掛けてしまいます。せっかく気分よく旅行に行くつもりが、台無しとなってしまいます。

貸切バスでは、発車時刻はきちんと守らなければなりません。したがって遅刻することは、一緒に出発する人々に大きな迷惑となります。旅行やイベントで、その日のスケジュールがかなり綿密に組まれている場合では、後々の時間調整が大変になっていきます。ましてや、その日のスケジュールの中で、お店の予約を入れているプランが含まれているのなら、余計に困ってしまいます。そうした理由から、遅刻は厳禁なのです。

また、途中のサービスエリアや道の駅で休憩を取ることもありますが、この時も同じです。決められた集合時間を守ることが、貸切バスを利用する時のマナーです。貸切バスは、その日の予定を終えると次の利用がありますが、その前に必ず清掃をします。それでも、やはり車内を汚すことは掃除をされるスタッフの負担になってしまいます。自分で出したゴミは自分で処理するなり、持ち帰ることをしましょう。
また、汚れた靴のままで、泥を持ち込んだりすることもマナー違反です。これも車内清掃をされる人の負担を増やしてしまいます。それでなくても、一緒に楽しんでいる同乗者の気分も害する可能性もあります。

貸切バスでは、顔見知りの人や友人、知人と和やかな雰囲気で会話を楽しみながら、移動することができるでしょう。しかし、いくら気分がいいからといって、むやみやたらに、運転手さんに話しかけることは禁物です。それは運転の邪魔になるからです。もし、話しかけたせいで、運転手さんがハンドル操作を誤ってしまったなら、どうでしょう。それこそ、大事故の原因になりかねません。そんな悲劇を起こさないためにも、気軽に話しかけることはタブーです。自分の命さえ危険にさらしてしまう可能性があります。

貸切バスの楽しいことは、一緒に乗っている人と共に行動できることです。食事を楽しんだり、会話をしたり、そんな楽しい空間と時間を持つことができるのが、貸切バスの魅力です。しかし、ちょっとしたマナー違反や自分勝手な行動で、周りの人の気分を害したり、迷惑をかけてしまうと、その日の楽しい思い出が、嫌な記憶になってしまいます。だからこそ、周りの人に迷惑をかけることは、してはなりません。大人なのですから、集団行動の大切さは知っているはずです。みんなが快適に旅行やイベントを楽しむことができるよう、最低限のマナーに気を付けましょう。